ホシノマチ団地を通した、人と人との繋がりとは?〜団地を使った草花遊びワークショップ〜

こんにちは!佐久市ホシノマチ団地に移住をした牧原です!

昨年4月にオープンを開始したホシノマチ団地には、各地から移住者が集まって暮らしています。

年代も家族構成もバラバラで、20代もいれば、60代もいる。単身も夫婦も家族世帯もいるといった、多世代が暮らす団地となっています。

昨年の活動の様子についてはこちらをご覧ください!

地域のことを紹介し合うことで、より地域がわかってくる

ホシノマチ団地は移住者が集まる団地のため、住民同士では地域のことがまだまだ分からなかったりします。暮らしていくうちに「面白い!」「いいものだ!」といったものに出会い、そんな出会いを住民同士紹介しあうことで、より地域のことが分かってきます。

紹介し合うものの中には、地域のお店のことや子どもの遊び場所、自然環境など「人と場所」の繋がりが多かったりするのですが、時には「面白い人がいる!」となって、人と人が繋がりあうこともあります。

昨年ホシノマチ団地に移住をされたご家族のお子さんの中には、未就学児の子どもたちもいらっしゃり、保育園や幼稚園に通うことで、ママ友、パパ友ができ、仲良くなることも。

今回そんなママ友繋がりから、子どもたち向けに草花遊びを教えている「田中温子」さんが団地に来て、草花遊びワークショップを開催しました。

草花遊びワークショップ開催!

田中温子さんが提供する草花遊びは、色、香り、味、音、触り心地、五感をフルに使った自然遊びで、植物を使ったリアルおままごとのようなものです。

小さいお子さんでも楽しく参加できる取り組みで、団地の広場を会場に開催。

この日の佐久市の予想最高気温は37度!猛暑になる日でしたが、午前中に開催したところ、団地の広場は木陰になる箇所が多く、風も通り抜けるため、体感温度としては、野外で普通に過ごせる状態でした。

様々な草花に対して調理器具を使って、すり潰したり、混ぜてみたり、手でちぎって匂いを嗅いでみたり、五感をフルに使います。

途中で集中力が途切れてしまっても、団地の広場には遊具があるため、いざとなったら遊具で遊んだりと、団地の環境もフルに使います。

暑い日差しの中でしたが、子どもたちはとても満足した様子で終えることができました!

団地の仕組みを使い倒してください

ホシノマチ団地はあくまで「移住者が集まって暮らす場所」です。

このホシノマチ団地に移住をしたり、関わる人たちによって、輝いていきます。

好きなこと、得意なことを活かすような生活ができる環境が整っていると思います。

ホシノマチ団地の活動により参加しやすくなるような仕組みも今後作ってまいります!

ホシノマチ団地のことが気になりましたら、気軽にお問い合わせください!

 

ホシノマチ団地の見学・お問い合わせ

ホシノマチ団地の見学やオンライン相談は随時承っています。

いつでも気軽にご相談ください!

尚、研修や視察対応については、下記の「視察等のご案内」をご覧ください。

お問い合わせ

公式ライン

視察等のご案内