本日、東京大学の五月祭にて、株式会社みんなのまちづくりの伊藤洋平社長からホシノマチ団地の発表がありました。

ほとんどが日本版CCRC、生涯活躍のまちについてご存知のない方でした。

 

しかし、佐久市についてはご存知の方が半分以上でした。

 

大学ということで、学術的な関心も高く、多くの質問がありました。

 

そのため、どのような人がつくる会には参加しているのか。

 

参加動機は何人がどのようなものなのかといった具体的なところまでお話があり、中には小学生の質問者もいて、盛り上がりました。

CiNiiで検索しても、本日現在生涯活躍のまちで29件、CCRCでも141件とまだまだこれから研究が広がっていく分野です。

 

研究には全面的にご協力したいと思いますので、ご関心のある方はぜひご連絡ください。