佐久ライフセミナーでは、シニアの方の移住体験談ということで、今回は埼玉から定年後佐久市に移住された方のお話でした。

移住については退職の2年前から準備をはじめられていたそうです。

その際に意識したことが非常に参考になります。

物件を見る際も、市の都市計画図を見て、将来のまちの道路などがどうなるかまで見て、NHKの電波が入るかなども確認したとのことでした。

お住まいから軽井沢まで車で45分で、最初はのんびりしたいということで移住はしたということでした。

しかし、移住後はかなりアクティブに活動をされていて、庭の整備、家の改修、公民館活動、ボランティア、高齢者大学、アルバイト、ジム通いと多岐にわたるそうです。

ご自宅に薪ストーブがあるそうなのですが、薪をすべて購入すると月2万円かかるそうで、近くの材木屋から木材を買って、自分で切ってみると4分の1ぐらいのお金ですむそうです。さらに間伐材の作業をすれば木材が無料でもらえるのもあるので、お金がかからないようにしたいとおっしゃっていました。

年金の受け取りを郵便局から農協に変えると、農協で旅行などいろいろな会が実施されるので良いというシニアならではのお話も。

みなさんも、こちらのチェック項目をぜひご確認ください。