7月18日に佐久市役所にて柳田清二佐久市長との会議が行われました。

柳田清二佐久市長(右)、堀内文雄堀内組社長(左)、伊藤洋平みんなのまちづくり社長(中)

市長からは、移住先は住まいの名前が重要というお話があり、その点「ホシノマチ団地」という名称はとても良いというお話がありました。

 

また、さくさくワークという仕事紹介を今年度から始めたので、働く先と連携できるところがあるかぜひ見てもらいたいというお話がありました。

 

特に、佐久市はものづくりのエンジニアが不足しているということです。

 

ものづくりのエンジニアのみなさん、ぜひ佐久市への移住をご検討ください!

 

また、問題の工事費については、クラウドファンディングを実施する際に、応援をしてくれるというお話がありました。

 

一方で、移住者のみなさんには、せっかく佐久市に来るので、健康について意識をしてもらいたいというお話がありました。

 

最後に、生涯活躍のまちについての記者会見を行い、全国的に発信をしていこうというご提案をいただき、とても充実した会議となりました。