あなたの寒さはどっち?まったり派?キリっと派?

佐久市に移住をご検討の方とお話していて、必ず出てくるのが寒さの話です。

-10度以上になることもある佐久市の寒さ。

これを聞いて、無理だと思う方も少なくないようです。

そのため、実際に行ってみようということで、冬の寒さ体験ツアーが実施されたりもしています。

先日お話していて、面白かったのが、長野市の寒さと佐久市の寒さは違うという話です。

長野市は雪が降るので、雪が保温効果を持つため、雪のほとんど降らない佐久市よりも暖かいという話でした。

これは、湿度にも大きく影響してきていて、表現として、まったりとした寒さが長野市、キリっとした寒さが佐久市ということでした。

私自身も佐久市の冬を何回か経験していて常々思っていたのが、凛とした寒さが佐久市の特徴だなと思っていました。

東京の寒さとは違ってカラッとした寒さなんですね。

それまで雪がある寒さしか体験したことがなかったので、冬の寒さのイメージを大きく変わった瞬間でした。

乾燥した寒さが苦手という人もいれば、このような寒さであれば耐えられるという人もいます。

私もこのすがすがしい寒さには耐えられるなと感じている一人なのですが、実際に肌で感じていただくと良いかと思います。

移住セミナーでは気候の話というのは必ずどの地域でも行われますが、自分で感じてみるとその違いというのははっきりします。

佐久市は東京から新幹線で70分。

高速バスだとコスト的にも安く行けます。

隣の軽井沢に比べると標高が500m近く低いため、軽井沢とも違った気候です。

軽井沢郊外の環境、一度体験いただけると良いかと思います。